プジョー206CC全塗装のススメ

f0091122_11235626.jpgf0091122_11241599.jpg









かつて私はプジョー206CCに乗っていました。購入時はエーゲブルー。ワイエムワークスに唆され、これでもか!といわんばかりムスケティアパーツてんこ盛りのクルマに変貌していったのでした。…その後、チャイナブルーに全塗装。その当時はチャイナブルーの206CCは本国フランスにもありませんでした。…そう、私は自称「チャイナブルーの206CCに世界で初めて乗った男」だったのです。クルマが戻ってきたら気分は新車。ワイエムワークスでは全塗装するときにルーフなんかも全てバラしてウラの見えないとこまで塗ってくれるもんだから、ボディの各箇所が締めなおされてギシギシ軋み音がなくなっていたのです。当時、カミさんも軋み音がなくなったのはスグ気付いたもんな。色塗り替えたの気付かなかったクセに…(なんかシンナーみたいな臭いがするよっていっただけだった。)
[PR]
by my-works | 2006-05-24 12:00 | プジョー