<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

春の窯焚き

f0091122_21525278.jpg窯の煙突です。我が家では毎年春と秋に兵庫県と鳥取県の境目あたりの登り窯で窯焚きをしております。陶器を焼く窯です。別にこれを生業としてるわけでもないのですが…。土や火との対話を楽しんでおります。夜通し薪をくべこつこつ日用食器やら茶器やら花器を焼く家庭行事です。土を触ったり、火を見たりしてると日常のストレスから一時的ではありますが開放されるんです。


f0091122_2157273.jpg焼いてる最中の窯の中の写真です。窯の中は1250度くらいで中に詰め込んだ焼き物ができ始めます。これくらいの温度になると窯の中は白く見えるんです。写真は茶碗です。焼き上がる直前にピカピカに輝きだします。今回はC3で窯まで行きました。先日MTFレースに備えてタイヤをSタイヤに交換しました。ならしを兼ねての長距離移動です。C3の性格が変わりました。

f0091122_22103920.jpg今まで癒し系だったのが急にスパルタンになっちゃいました。夏休み明けの女子高生ぐらいの変化です。当たり前ですがタイヤって性格を変えますよね。サーキットでもある程度踏ん張ってくれそうです。しかし!こちら雪が降って、積もってます。「どうした地球温暖化!帰れるのかこのタイヤ?」って感じです。
[PR]
by my-works | 2006-03-31 22:14 | C3

こんなのが欲しかったらしい…

f0091122_2136176.jpg少し前になりますが1007を拝借する機会がありました。なんといっても電動スライドですね。大きなドアのせいもあって、シートベルト遠いですがそのかわりに最適な乗降性を手に入れることができます。プジョーを何台も乗り継いだ我が娘に「こんなクルマ欲しかってん」と言わしめる魅力を兼ね備えております。シートもクッションの厚み、ホールド性はあきらかに206よりいいです。

f0091122_21371719.jpg206より落ち着いた乗り心地、車重と足回りのセッティングがバランスのいい上質感を醸し出しています。1.4と1.6どちらも乗りましたが、私見としまして、ユーティリティプレーヤーを求めるならば1.6、断然街乗り割り切りなら1.4で必要十分って感じでした。顔つきは1.4の方が好きなんです。、余裕があれば買ってたかも…(で、赤いの買って307WRC風にしてみたい。という妄想)
[PR]
by my-works | 2006-03-29 22:09 | プジョー

かつてのPartner

f0091122_16121818.jpg407SWの前に乗ってました。プジョーPartnerです。ワイエムワークスに無理いって並行輸入してもらいました。なんで欲しくなったんだろう?べつに格好いいわけでもなく、テンロクで車重1.3t強だから速いわけでもなかったのに…。道具っぽいところかな?便利で合理的なところに格好よさを感じたのかも。FBMもめいほうもMTFもこれで行ったし、引越しの手伝いも大活躍でした。

f0091122_1634071.jpg荷室も開口部も広くてタンスなんかそのまま乗せることができましたよ。
こいつのすごいところ、荷物目いっぱい積んでも、空荷でもハンドリングやら車体の挙動があまり変わらないこと!スライドドアも子供たちにも大人気でした。運転しやすくて、ストロークたっぷりのしなやかな足回り、カミさんもとても気にいってたし、左MTのみの設定が気にならないファミリーにはオススメ(でもそれが世の中では一番の問題だったりする)でも、自分の中で一番満足感を満たしてくれるところ、それは「誰も乗ってないところ。絶対に同じクルマが道路ですれ違わないこと」でした。
なのに…
カミさん「(ルノーカングーを見て)あっ!ウチと同じクルマ発見!」(なんべん同じこと言わせるんだコイツは…)
[PR]
by my-works | 2006-03-27 17:01 | プジョー

ほんとにJAVAはいいのか?

f0091122_1411329.jpgこの時期は新商品の発表会が毎週末、全国各地で開催されるため、平日がオフとなります。…で、約1ヶ月半ぶりかな?407SWを洗車します。タイトルに「プジョーのことならエムワイワークス」と謳いながら、ブログ始めて自分のプジョーが出てくるのはじめてです。洗車はJAVAです。びばちゅうブログ見て、一度やってみたかったんです。


f0091122_14231474.jpgノーブラシ洗車はほんとにキレイになるんでしょうか?(実は昨年末に一度トライしたのですが、あんまりの長い待ち時間のため帰ったんです。)平日なんで待ち時間なしです。お金いれるとスゴイ勢いで水が出る→洗剤が出る→またスゴイ勢いで水が出る→すごい風圧で水を拭く。っていう流れです。便利だなあ…思わず「これいくら?」って聞いてしまいました。(買わないけど)


f0091122_14272641.jpg終了後、あまりにもピカピカなんでボンネットに映った自分を撮ってしまいました。どこやらのコーティングの宣伝みたいですよ。感動もんですね。

前からやってみたかったんですよ!「JAVAの洗車」と「ブログのトラックバックJAVAプリカ当たりました(2回目)」って!(…あっ俺の髪の毛たってる)
[PR]
by my-works | 2006-03-27 14:33 | 407SW

ラリーカーのできるまで~(2)キャビンの緊張感をどうぞ

f0091122_11181357.jpg206RCにロールケージが組み込まれ始めました。これからさらに何十本ものパイプが組み合わされ、頑強なボディが作られていきます。最大のボディ剛性をなるべく軽量に確保するため計算されつくしたメイドインUKのパーツです。こう書くと非常に緻密な感じしますが、送られてきたパーツ足りなかったり、サイズ違ってたり、ええ加減なところもあるらしいんです。


f0091122_11365383.jpg 2枚目の写真、設計図です。「写真を見ながらつくりましょう!」って感じです。マニュアルにはボケた写真も多数ありますけど、入念にチェックしながら組み立てられていきます。これだけのロールケージを組むとかなり重くなるみたいですね。でも乗員の安全確保のためですから。前回みたいには持ち上がりませんよ。



f0091122_1223613.jpgスパルコのシートも到着しています。ドライバーとコドライバーそれぞれの好みがあって、色は同じでもモデルがちがいます。どちらかというとドライバー用はコンパクトで激しい動きにも対応し、コドライバー用が安定感重視のような感じです。ペースノートが読み上げられ猛スピードで駆け抜ける、一つ間違えれば生命の危険にも及ぶ、といったラリー競技中キャビン内の緊張感をイメージすることができます。
我が家のクルマではカミさんがコドライバーシートに静かに座ります。それはそれで緊張感を誘うんだよなあ。(とくに、クルマいじった?って聞かれるとき…)
[PR]
by my-works | 2006-03-24 12:25 | ラリーチャレンジ

フレフレ!SHIMADA

f0091122_1272059.jpg昨日のフレンチフレンチでワイエムワークスチームドライバー島田さんと合流しました。ラリージャパンにワイエムワークスプジョー206XSで参戦、その他の全日本戦でもプジョー106で参戦されている好き者です。年齢も近く、それぞれの娘も同じような年頃なもんで2004年ラリーチャレンジ計画始動以来、親しくお付き合いさせていただいてます。
f0091122_1230282.jpg島田さんバリバリの106で家族でいらっしゃいましたよ。娘さんバケットシートに押し込んで。本人は優しい顔つき、穏やかな口調なんですけども、なんてったって元走り屋ですから。でも、自分は島田さんが106乗ってるの見て欲しくなって買っちゃったんです。いうなれば仮想ライバルでしたね。(速さは全然ちがいますけど)
f0091122_12412796.jpgうちのクルマのナビの部分、島田さんとこにはラリーコンピュータが収まってます。島田さんとこの娘さんコドライバー用のインカムつけて遊んでます。うちの娘もたいがいですがここもかなり…。
島田さん、店内に行くときは車のカギかけといたほうがいいですよ。いくら内装はがしてて荷物はボロボロのSタイヤだけでも。(まあ車上あらしもお手上げかも)

f0091122_1302857.jpgまだ予定の段階ですが、今年のラリージャパンは参戦車輌が206RCにクラスアップしました。もちろんドライバーは島田さんです。
フレフレ!SHIMADA!
(ちなみにサーキットでの対戦成績は1勝1敗ですよ~。4月16日に対戦しましょう。)
[PR]
by my-works | 2006-03-22 12:06 | ラリーチャレンジ

本物のローブはどっちだ?

f0091122_2003724.jpgフレンチフレンチ関西(カルフール尼崎)に参加してきました。C3クラブで関西を盛り上げようと集結したC3クラブメンバーは3人!プルリエルのnaoruさん(愛知)、C3-1.4のとんじんさん(徳島)、そして私。…そうなんです。関西を盛り上げる関西人は私一人!「ガンバレ!俺。そして王ジャパン!」
f0091122_20202622.jpgWBC決勝戦(日本対キューバ)も気になりますが、WRCのシトロエンももっと気になります。我がC3と同じようにリアにはなんとフランス国旗とローブのネームが!「ほんもののローブはどっちだ?」状態です。

…まあどっちも偽者なんですけどね。
f0091122_20451390.jpg自分自身の中でメラメラと湧き上がるライバル心を抑え、せっかくなんで写真をとらせてもらいました。このC4のクーペ、実物は初めて見るのですが、はっきりいってかっこいいです。デカール貼ってあるから余計にそう思うんでしょうか?オーナーの方ともお話することができました。ほんとのローブはどちらか、4月のセントラルサーキットで答えを出しましょう(笑)と…
f0091122_20563913.jpgさらにグロンホルムのプジョー307WRCが!パルクフェルメさながらの光景です。王ジャパンが世界一になったことも手伝って少しばかり興奮しながら帰宅しました。
私「ただいま(少し興奮冷めやらず)」
妻「おかえり~。あれっ?ローストチキンは?」

私「…忘れてました」
[PR]
by my-works | 2006-03-21 21:24 | C3

普段のアシ車

我がC3ローブ優勝記念仕様は時と場所を選びます。
先月、身内の告別式がありましたが、C3で会場に乗り付けるのはかなりの勇気がいります。故人を偲ぶより、自分が親戚じゅうから責められそうです。(まあそれは極端な例ですが、)

仕事で移動するシーンでも信号まちのポールポジションをとろうもんなら、ほとんどの横断者が見てみぬフリをします。自分も用もないのにナビ見てるフリとかして視線を下にしたり…仕事の相手先の駐車場でも必ずといっていいほど守衛さんにいろいろ聞かれます。(まあそれは好きでやってるから、)

f0091122_17441093.jpg
でも駐車場あるところって少ないですね。市内は一時預かりの駐車場探すのにわりと苦労します。渋滞とかもあるし…
もっぱら市内の移動はスクーターです。渋滞や駐車場の心配はあまりありません。寒いときはさすがにやめときますけど、もうそろそろいけそうです。(…これでお葬式にはいきませんけど)
[PR]
by my-works | 2006-03-20 17:48 | スピードファイト2

ローブ優勝記念号のリアビュー

各方面からシトロエンC3の写真をもっとアップしてくれという依頼がありますので少しずつ写真とっていきます。
f0091122_23181017.jpg

まずはリアビューです。ムスケティアのサイレンサー・90mmラウンド左右出しです。
ドイツのシトロエンチューナーです。過去に乗っていたプジョー車でもムスケティアのパーツ付けてたことあります。なかなかパーツが来ないことがありました。このサイレンサーはわりとスンナリ到着しました。注文してから1ヶ月くらい目処にしとくといいでしょう。(1ヶ月以上の場合もたまにあります。)リアエプロンは黒にしました。ちょっとおしりがやせて見えてほしかったんです。ぽっちゃりとしたおしりもカワイイんですけど。微妙なオンナごころです。
[PR]
by my-works | 2006-03-18 23:22 | C3

なんちゃってベンチレーター

家庭、ビジネス、組織の中など、生きていくあらゆるシーンで中心線を捉えることは重要なことだと思います。芯がぶれるとさまざまなシーンで迷いを生み、自分にとって最適な判断を鈍らせるのです。
f0091122_1635588.jpgダミールーフベンチレーター(以下ベンチレーター)です。モンテのゼッケン貼りにはルーフのセンターを取るのに苦労しました。ゼッケンがベンチレーターにかぶるため、かぶる部分をカットし、ベンチレーターに貼り付けます。デカールは台紙(白い部分)、モンテカルロロゴ(赤い文字)、ナンバー台紙(黒い部分)、ナンバー(オレンジの文字)に分かれていますが、センターを正確に捉えることができれば、あとは器用さと根気(これが結構難しい)です。
私どちらかといえば不器用で根気のない方なんです。ですから今回は仕事仲間のプラモデル歴数十年の自称ハイアマチュアのA氏にご協力いただきました。このA氏、非常に正確にセンターを押さえます。ミリ単位でこだわります。貼り方も緻密です。私は手を出さない方がいいみたいです。
f0091122_16204230.jpg
ルーフへの取り付けはワイエムワークスの中村くんです。A氏がミリ単位にこだわり完成させたベンチレーターを渡すと、無造作において「このへんがかっこいいですね。」と強力な両面テープと接着剤でさくさくっとつけちゃいます。あっというまでした。
f0091122_2313067.jpg
「なかなかいいじゃん!」
“ミリ単位”と“このへん”のコラボレーションです。こんど上から写真とってみよっと。
あっそうそう、これつけたら高速時の風切音はげしくなりました。キャビン内はエアコン全開みたいな音します。
[PR]
by my-works | 2006-03-18 16:30 | C3