なんちゃってベンチレーター

家庭、ビジネス、組織の中など、生きていくあらゆるシーンで中心線を捉えることは重要なことだと思います。芯がぶれるとさまざまなシーンで迷いを生み、自分にとって最適な判断を鈍らせるのです。
f0091122_1635588.jpgダミールーフベンチレーター(以下ベンチレーター)です。モンテのゼッケン貼りにはルーフのセンターを取るのに苦労しました。ゼッケンがベンチレーターにかぶるため、かぶる部分をカットし、ベンチレーターに貼り付けます。デカールは台紙(白い部分)、モンテカルロロゴ(赤い文字)、ナンバー台紙(黒い部分)、ナンバー(オレンジの文字)に分かれていますが、センターを正確に捉えることができれば、あとは器用さと根気(これが結構難しい)です。
私どちらかといえば不器用で根気のない方なんです。ですから今回は仕事仲間のプラモデル歴数十年の自称ハイアマチュアのA氏にご協力いただきました。このA氏、非常に正確にセンターを押さえます。ミリ単位でこだわります。貼り方も緻密です。私は手を出さない方がいいみたいです。
f0091122_16204230.jpg
ルーフへの取り付けはワイエムワークスの中村くんです。A氏がミリ単位にこだわり完成させたベンチレーターを渡すと、無造作において「このへんがかっこいいですね。」と強力な両面テープと接着剤でさくさくっとつけちゃいます。あっというまでした。
f0091122_2313067.jpg
「なかなかいいじゃん!」
“ミリ単位”と“このへん”のコラボレーションです。こんど上から写真とってみよっと。
あっそうそう、これつけたら高速時の風切音はげしくなりました。キャビン内はエアコン全開みたいな音します。
[PR]
by my-works | 2006-03-18 16:30 | C3